スポンサーリンク

彼氏がほしい!私がデートしたのは「防衛大学生」?!

彼氏が欲しいと騒いでいた私に、防大生の友人(女性)が同期を紹介してくれました。

前の記事⇒防大の彼氏との出会い。きっかけは友人の紹介でした 

その紹介してもらった男性から、ついにデートのお誘いがきたのです。

「とお子さん、よかったら、来週、ごはんでもいきませんか?」

スポンサーリンク

防衛大学生かからのデートのお誘い

夏休みも終わり新しい学期で休み気分を切り替えていたある日、

突然、まさかの、驚愕の、

防衛大学生からのデートのお誘いがきた…!

もう完全に「おはよう」「おやすみ」LINEのひと。「時報の人」(笑)。

⇒防大生からのLINE

彼からの、まさかのお誘いに中学生のように動揺しました。

私は好奇心ビンビンで返信しました。

(防衛大学って、周りにいないし!)

「こんばんは。ぜひ!金曜日の夜とか暇です~」

しばらくして、

「よかった。すいません、金曜日は無理なので、ちょうど三連休ですし、土曜日、どうですか?」

おお・・・?国立大学だから祝日関係あるのかな?

まあ、それほど重要な用事もなかった為、彼と9月の連休の土曜に会う約束を交わしたのです。

防大生とのデートの待ち合わせ

9月、某連休初日、土曜日。約束の時間、13時。

(2分くらい早くついたなあ~)

わたしは横浜駅に降り立ちました。

地方出身の私は、実は大学のある東京以外の関東は初めてでした。

浮かれたプチ旅行気分でしたが、

よく考えたらLINEというSNSを介してしか知らない男性と会うという、今さらの危機感が相混ぜになっていました。

そういえば彼の容姿も、LINEアイコンの「謎ヘルメット姿」と、

一度「パレードです」と男性が数人写った画像をもらっただけで、よく、わからない………。
(連絡しようかな、でもなんか、いまから会うのに恥ずかしい(?)な…)

謎の乙女心を発揮してしまいながら、待ち合わせ場所である横浜駅の地下に到着しました。

すると、ある柱のところに、背中を預けて、スマホを見下ろす男性が一人…いました。

遠目でも目につくほど大きかったからか、残暑厳しい季節とはいえ、余りにも日焼けしていたからか、
わたしはその男性に目を吸い寄せられました。

そして、なんとなく(あの人だ!彼だ!)と確信を持って近づいていったのです。

例の「防衛大生」登場

「〇〇さん…?ですか?」

私は、恐る恐る彼に声を掛けました。

彼は目を上げましたが、背が高いから、上げても下げてるという不思議さでした。

「とお子さん?こんにちは!」

(そういえば、「こんにちは」ってはじめてだ!)

真っ黒に日焼けした顔に、大学では余り見かけないレベルの短髪。

そして「デカイ」

彼は爽やかに笑いました。

「あの~、じゃあ、いきますか?」

彼は挨拶もそこそこに歩き出します。

「楽しみです」

と私もそこそこに返しながら、ついて行きました。

次回⇒防衛大学生との初デート。ちょっと抜けてる彼と、防大のお話

防大生との出会い方を探している女性へ
この記事を書いた人
小原台とお子
小原台とお子

大学1年生の頃に防大生とお付き合いした経験談を書いています。
同じような境遇の女性のために「防大生との恋愛」を綴ることで、少しでも前向きになって貰えたらいいなと思っています。

小原台とお子をフォローする
防大生との恋愛
スポンサーリンク
国防男子の恋愛事情
タイトルとURLをコピーしました